ビギナーズラックで成功すると、ハマりやすい?

ビギナーズラックでうまく行くと、ギャンブルにハマりやすいと言う説がある。

 

ビギナーズラックというのは、ほとんど何も知らない状態で、成功するということだが、その快感が強烈に焼き付く。

 

その結果、また成功しようとして、ギャンブルにはまる…などという話が、もしかすると依存症の本に載っているかも知れない。

 

ところがこのビギナーズラック説は、ほとんど信憑性がないらしい。

 

というのも最初に成功したからと言って、脳に「快感回路・報酬系」ができなければ、ハマったり依存症になったりしないからだ。

 

たとえば宝くじを毎週のように買っている人は、ビギナーズラックで、宝くじに当たった人かというと、別にそういうわけでもないだろう。

 

宝くじを買い続ける人は、「もしかしたら大金が手に入るかも」と思って買い続けているだけで、実際に大金を当てた人は少数派のはずだ。

 

「もしかしたら当たるかも」という期待と、「あたったらどうしよう」という夢想で、当たりもしない宝くじを買い続けるわけで、ギャンブル依存症も、宝くじと同じだ。

 

パチンコや競馬も、株式投資なども、実は「当たらないから続けている」人が多い。

 

最初に当たるかどうか、うまく行くかどうかは、ハマったり依存症になる原因ではない。

 

もしかしたら、と言うことを思って、続けるからこそハマったり依存症になる。

 

そしてたまに当たったり、非常に惜しかったりする事があるから、成功するまで何度も挑戦しようとするのだ。

 


たまに当たるからハマる

ギャンブル依存症になるのは、ギャンブルをすることで、不安やイライラが収まることを、脳が学習するからだ。

 

依存症というのは簡単に言うと、不安やイライラが起こったとき、それを解消する「何か」を求める病気だ。

 

人によってその「何か」がタバコだったり、酒やアルコールだったり、恋愛だったり過食だったり、ギャンブルだったりするだけだ。

 

ただ、タバコや酒・アルコールは「薬物」で、脳の快感回路・報酬系を直接刺激する。

 

なので嗜んでいるうちに耐性ができ、分量が増えて依存症になる。

 

ところがギャンブルの場合は、薬物ではないため、はまる原因がよく分からない。

 

そのため、薬物の替わりに、ビギナーズラックが、ギャンブル依存症の原因であるかのように語られている。

 

しかしギャンブルにはまらない人は、ビギナーズラックがあろうとなかろうと、ギャンブルに依存したりしないし、はまる人は、負け続けでもハマる。

 

ギャンブルの賞金や賞品が快感なのではなく、勝負に集中し、勝負に没頭すること自体が、不安やイライラを癒やすので、勝ったり負けたりしておれば良いわけだ。

 

さらに「うまくいったり、うまくいかなかったり」というのが、実は依存症になる大きなポイントで、「ニアピン効果」などと呼んだりする。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2