ツイッター銘柄は買っても大丈夫か?

ツイッター情報に惑わされて、株で損することもよくある。

 

特にデイトレでは、ザラ場中に新しい銘柄探しをするため、情報が欲しい。

 

そのために、ストックボイスなどのテレビの株式相場情報を見たり、著名な個人投資家のツイッターをフォローして、それを見て参考にしたりする。

 

有名な投資家のツイッターともなると、動きが出た銘柄をいち早くつぶやいてくれるし、数万人がフォローしているので、関連情報がすぐに集まる。

 

デイトレをしている個人投資家の場合、一人で売買しているため、こういう情報がドンドン入ってくるのは有り難いし、銘柄選びに迷ったら非常に参考になる。

 

ところがこういうツイートの利用も、善し悪しだ。

 

というのも著名投資家がツイートした銘柄の株価が右肩上がりにジワジワ上がるのであれば良いのだが、なかなかそうはならない。

 

ツイートが上がってしばらくは、それを見た人が買うが、しばらくすると買いが止まって株価が落ちていく。

 

いくら有望銘柄でも、普段から人気が無い閑散銘柄だと、株価が急騰しても、すぐに買いよりも売りの勢いが勝ってしまうのだ。

 

また噴き上がった銘柄にカラ売り師達が寄ってたかってカラ売りを浴びせ、売りで潰されてしまう銘柄も多い。

 

数万人が見ているツイートだから、そのツイートを見た人が買い上がって息切れしたところを、カラ売りで迎え撃つという戦法を採る投資家もいるのだ。

 

市場参加者のほとんどが強気の場合は、それでも株価が上がっていくのだが、地合いが悪いときは、大抵これで潰される。

 

特に地合いが悪く、日経平均が下落トレンドにあるような場合は、投資家が積極的に買い向かわないので、カラ売り側が勝つことが多くなる。


著名投資家のツイッター銘柄にもハズレは多い

著名投資家がツイッターでつぶやく「ツイッター銘柄」。

 

上手く利用できれば、それに乗っかって利益を得ることができる。

 

ただ著名投資家が特にこだわっている銘柄にも、当たり外れがある。

 

なので話半分に見て、上がっている間だけ付き合った方が良い。

 

というのも、こういうコダワリ銘柄は、確かに近い将来、大きく騰がる材料を秘めているかも知れないが、それがいつ明らかになるかは、分からないからだ。

 

そして著名投資家のコダワリ銘柄の株価が、下がり始めたら、さっさと手仕舞いする方が良い。

 

なぜならコダワリ銘柄は、株価が右肩下がりでも、「買い増しチャンス」とばかりに、その投資家が買いあおったりするからだ。

 

著名投資家は、投資資金をたくさん持っているし、その銘柄にこだわっているので、株価が下がっても買い下がって行く腹づもりができている。

 

しかし普通の投資家は、この買い煽りに付き合うと、大損しかねない。

 

というのも好材料が出ても、それが市場でどう捉えられるかは分からないし、その著名投資家の思惑どおりに上がるほど、相場というのは甘くないからだ。

 

投資家が「この材料は、3日は寄らないぞ」とつぶやいても、上昇がホンの半日で終わってしまい、翌日は元の株価水準まで戻ってくるようなこともよくある。

 

また、好材料が出る前に、先に悪材料が出てしまって、ドーンと株価が下がってしまうことも多い。

 

株価が何倍にもなる銘柄というのは、元々、評価がかなり低い銘柄で、四半期決算では、赤字転落だとか、赤字拡大という風に報道されることも多い。

 

四半期ごとの決算発表の前に、業績の下方修正が出る可能性も高い。

 

いくら近い将来、株価が何倍にもなるような材料が控えていたとしても、決算が悪ければ、たたき売られたり、カラ売り勢に狙われて株価は下がってしまう。

 

なので、著名投資家が買い下がりを進めていても、いったん手仕舞いして、また上がり始めれば買えばよい。

 

高値で揉み合っている時間が長ければ長いほど、上値は重くなっているので、そんなに簡単に株価は上がらないもんだし、時間はたっぷりある。

 

それに、何もその銘柄で稼がないといけない理由もないし。


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加