押し目エントリーして良いタイミングとは

デイトレのエントリーは、意外に難しい。

 

というのもデイトレに適したような、値動きが大きな銘柄は、大口投資家の売買動向が、大きく株価に影響するからだ。

  • 大口さん達が買い上がる = 株価が上がる
  • 大口さん達が売り始める = 株価が下がる

これがデイトレでは大きい。

 

大口さん達が、株価のキャスティングボートを握っているのだ。

 

そのため、キャスティングボートを握っている大口投資家の動向がどっちに向いているのか、それを確認してからエントリーする必要がある。

 

そのための一つの方法が「歩み値を調べる」ということだ。

 

歩み値を調べることによって、大きな買いがところどこに入っていれば、大口トレーダーが買いに入っていることが想像できるだろう。

 

逆に大口の売りが所々にあれば、株価の上昇ピークを過ぎていると考えないといけない。

 

押し目狙いでエントリーしても良さそうな5分足チャートの例()

押し目狙いでエントリーしても良さそうな5分足チャートの例

 

さて、では上のチャートで、どのあたりが押し目エントリーして良いタイミングだろうか?


 

エントリーのタイミングとは

うねり取りや、ショットガン投資法などの教材がある相場先生は、エントリーポイントとして

ロウソク足が移動平均線を跨ぐ(またぐ)ところ

を挙げておられる。

 

相場先生は、移動平均線とロウソク足だけを見て売買する「テクニカル分析」派のようだが、ゴールデンクロスやデッドクロスより、移動平均線の方向や、ロウソク足との接点に、特に大きな関心があるようだ。

 

簡単にまとめてみると、こういう感じだ。

買いポイントのまとめ
  • 移動平均線をロウソク足が陽線で跨いでいる
  • 移動平均線の方向が右肩上がりかフラット

この買いポイントを踏まえて、上の5分足チャートを見てみると、理想的なエントリーポイントはどこになるか。

 

最初の候補としては、10時15分頃にある、短期線(赤・15分線)と中期線(緑・40分線)のゴールデンクロスのところだろう。

 

ここでは、陽線が緑の中期線を跨いでいて、買いポイント候補に見える。

 

ただ移動平均線の方向を見ると、緑の中期線も白の長期線もハッキリとした右肩下がりのままだ。

 

こういう場合は、ダマシになることが多いので、エントリーは避けた方が良いかも知れない。

 

二つ目の買いポイント候補は、後場すぐに、ロウソク足が3本の移動平均線を上抜いている部分だ。

 

この部分では、赤と緑の移動平均線は横ばい、白い移動平均線が、やや下向きと言う状態になっている。

 

ただロウソク足はまだ、白い線の下にあるため、フラットになるにはまだ30分くらいはかかりそう。

 

このタイミングで、上値追いをせずに指し値を入れておくのは、ベターかも知れない。

 

三つ目の買いポイント候補は、13時15分頃に、ロウソク足がまた白線を上抜いた地点になる。

 

ここでは、赤い線も緑の線も共に上向きで、しかも白い長期線を下から上に抜くゴールデンクロスになっている。

 

買いポイントとしては条件が揃っているわけだが、できればその10分前くらいに買いでエントリーしたいところだね。

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


株式投資 オススメ教材

何百万も資金を溶かす前に!

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!

DMMFX