このページの目次

銘柄入れ替え

毎日デイトレをしていると、火曜日に新興株が大きく下がることが多い。

 

上がるとしても、買いの力が弱く、上がりそうで上がらない。

 

その理由は色々考えられる。

 

前に書いたように、火曜日は逆日歩3倍デーなので、カラ売りしている人は手仕舞いを考えて買い埋めやリスクヘッジの買い建てを入れる。

 

その買いに対して、ファンドや仕手筋が高値で売り抜けを図る。

 

ファンドや仕手筋が買方から売方に回るため、株価を買い支える勢力がいなくなり、株価がドーンと下がる。

 

もちろんこれは状況次第だし、仕手筋や大口の都合で曜日は変わってくる。

 

つまり月曜日に起こる事もあれば、木曜日あたりに起こる場合もよくある。

 

ただ、仕手絡み、大口絡みで株価が連騰している場合は、月曜日か火曜日あたりで、いったん終わりやすいと言う印象はある。

 

仕手や大口としては、売買している株数が多いだけに、売買が比較的賑やかな週初めでないと、手仕舞い出来ないのかも知れない。

 

商いが細りやすい木曜日や金曜日では、イナゴも集まらないから、週初めで、血気盛んに高値を掴んでくれるトレーダーがいるうちに、手持ちの株を売りつけようという魂胆かも知れない。


チャートの読み方と売買ポイントはこれでOK



 

そうして大口投資家や仕手筋たちが、手がけていた銘柄を手じまった後、どうするか。

 

週初めなのに売買を終わると言うことは無いから、別銘柄の物色に向かうことになるだろう。

 

毎週どこかのセクターが賑わうのは、先週賑わっていたセクターを手仕舞って、別のセクターに移動するからと考えれば分かりやすい。

 

もちろん、火曜日に日経平均が大きく上がっておれば、225採用銘柄の上昇トレンドに乗っかるかも知れないし、出遅れ銘柄に資金を投じるかも知れない。

 

彼らは持っている投資資金がデカいから、新興市場の低位株にこだわる必要はないし。

 

そうして大口投資家が銘柄入れ替えをして、新興株から一部株に乗り換えれば、新興市場には資金が回って来ないのは当然だ。

 

そうして東証一部銘柄は大賑わいだけれど、新興市場はちょっと上がったところで頭打ちになるのが、火曜日によくある光景ってことになる。

広告


このエントリーをはてなブックマークに追加


株式投資 オススメ教材

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!