上昇株、乗り遅れたら、諦める

押し目狙いは、あくまでも指し値を下に出さないといけない。

 

売買が動意付いても、高値追いしてジャンピングキャッチしてはいけない。

 

株価が上がれば上がるほど、カウンター気味に大きな売り注文も出やすくなる。

 

大口の投資家は、買い注文が厚くなったら利益確定チャンスと考えて、ドカッと売りを出してくる事が多い。

 

なのでそれを期待して、5円から10円くらい下に指し値を入れる。

 

そうすると上手くいって買える場合も多いが、1円違いで買い逃す場合もある。

 

うまく指し値で買えた場合は、どこで手仕舞うかを考えれば良いワケだが、買い逃した場合はもう諦める

 

というのも高値追いは思わぬ損を喰らうリスクが高いから、追わないに越したことはない。、

 

動きに惑わされてやる売買は、どうしても失敗になりやすい。

 

うねり取りなどの中長期投資であれば、5円や10円の違いは大した違いでは無いが、デイトレでは良くない。

 

激しい売買が行われている時は、冷静な判断などできないから、乗り遅れたら諦めて他の銘柄を探すか、売買が落ち着くのを待った方が良い。

 

動意付いた銘柄は翌日も動くので、お楽しみは翌日にとっておけば良い


チャートの読み方と売買ポイントはこれでOK



 

押し目狙いとは

 

デイトレで押し目狙いするのは、結構難しい。

 

押し目狙いは、あくまでも上昇途中の株が、一休みしているところでエントリーするから意味がある。

 

上がり始めた株価が調整しているタイミングで買いに入るから、利幅も取れるし、下値不安も少なくてすむ。

 

なので、激しく売買注文が飛び交っているときは、エントリーすべきタイミングではない。

 

淡々と売買が行われ、売りたい人が売り終わって、日柄調整が終わりそうなタイミングでエントリーしないといけない。

 

なのでどうしてもその銘柄を買いたいなら、次の日にすれば良い。

 

動意付いた株は、翌日もその余韻をもって売買されるから、買ってみようという投資家も多いし、ギャップダウンスタートでヨコヨコ展開になることも多い。

 

高値で揉み合いになっていると、値崩れしたとき悲惨だから買いに入りにくいが、ギャップダウンしておれば、多少なりとも入りやすいことだし。

 

広告


このエントリーをはてなブックマークに追加


株式投資 オススメ教材

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!