材料出尽くしは悲惨

材料出尽くしも株価が大きく下がる材料だ。

 

2019年春の野崎印刷紙業(7919)の株価など、その典型だった。

 

野崎印刷紙業は、改元関連銘柄として売買が賑わっていた。

 

今上天皇が「おことば」を示されてからは、改元が話題になる度に、買いが入って賑わった。

 

 

そして新元号の発表が2019年4月1日(月)に決まり、否応なしに期待が高まった。

 

3月末の木曜日などは、期待からか高値を買い上がる動きがあり、こんな感じになった。

 

野崎印刷の5分足チャートの例

新元号「令和」で材料出尽くし投げ売り 野崎印刷の例

 

この時点では、まだ「買う理由」があったわけだね。

 

ところが翌日の金曜日には、株価は下がり始めた。

 

週終わりの金曜日と言うこともあるが、新元号が発表になる前に売り抜けようとするトレーダーもチラホラ現れだした。

 

元号関連 発表前日の5分足チャートの令 野崎印刷

元号関連 発表前日の5分足チャートの令 野崎印刷

 

こういう動きは、決算が良く無さそうな銘柄によく見る動きだね。

 

決算発表が近付くにつれて、決算が良さそうな銘柄には買いが入るが、決算が悪そうな銘柄はジリジリ下げるパターンが多い印象だ。

 

材料出尽くし前に売り抜けないと危険

新元号発表で動意付いた改元関連銘柄は、新元号発表が近付くにつれて活況を呈した。

 

しかし、平成31年4月1日(月)の11時半過ぎに新元号「令和」が発表された後は、材料出尽くしで一気に売りが殺到した。

 

野崎印刷など、マイナス17%のストップ安目前までたたき売られた。

 

理由は簡単で「買う理由がなくなった」ということだろう。

元号関連銘柄 材料出尽くしで暴落 野崎印刷

元号関連銘柄 材料出尽くしで暴落 野崎印刷

 

新元号が発表される前は、改元関連銘柄は賑わっていたが、いざそれが発表されてしまえば、「もう終わった」と言うことになって、買いが衰えてしまうので、こういうことが起こる。

 

祭りの後、って感じで、こういうのは気をつけないといけないね。

 

野崎印刷 日足チャート

野崎印刷 日足チャート

 

材料出尽くし = 買う材料(思惑)が無くなって株価下落

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


株式投資 オススメ教材

何百万も資金を溶かす前に!

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!

DMMFX