年末は、節税売りで、株価の上値が重い

株が騰がる月、株が下がる月、次は12月だ。

 

12月は「節税売り」や「損出し売り」と呼ばれる売りがでて、株価が上がりにくい。

 

節税売りや損出し売りは、一年間の売買益を調整するために、含み損がある銘柄を損切りすることを指す。

 

処分していなかった株の含み損を損失として計上して、年間損益をハッキリさせるのだ。

 

というのも株の利益にかかる税金は、1月から12月までの一年間の損益(利益と損失の合計)を元に計算する

 

この計算には、含み損は考慮されないため、損切りしてマイナスを計上するのだ。


 

年末の節税売りの実際

節税売り
株の売買益に課せられる税金は、一年間の収支に対して課せられる。

 

ただしそれは決済が終わった株に関してのみで、保有株については考慮されない。

 

保有株にいくら含み益があっても、含み損があっても、それは一年間の損益として合計されないのだ。

 

となると、どうなるか。

 

たとえば含み損が30万円あって、確定利益のトータルが30万円だったとする。

 

この場合、実質はプラスマイナスゼロなのだが、帳簿上は「30万円の利益」ということになる。

 

株で利益がでると、税金がかかる。

 

2019年現在、株の利益には20%課税されるので、30万円の利益では6万円の税金を支払わねばならない。

 

トータルではほぼ儲かってないのに、6万円の税金を払うなんて…

 

そこで30万円の含み損の株を売って決済して、30万円の損失を確定させる。

 

これによって年間収支をプラスマイナスゼロにすれば、6万円の税金は払わなくて済む。

 

これが「節税売り」だ。

 

因みに損益は、約定日ではなく受渡日で計算するので、大納会の2営業日前までに決済しないといけない。

 

含み益がある銘柄は翌年に持ち越し、含み損がある銘柄は年末に処分して、利益を圧縮して節税する。

広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


株式投資 オススメ教材

何百万も資金を溶かす前に!

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!

DMMFX