日経平均に連れ安

日経平均株価が大幅下落した翌日は、225採用銘柄以外の銘柄も大きく売られやすい

 

日経平均株価は、東証一部銘柄のうち、225社の株価の平均だ。

 

だから本来は指数が下がっても、225銘柄でなければ影響を受けないはずだ。

 

ところが実際は一部銘柄だけでなく、新興株や東証2部銘柄にまで売りが広がることが多い。

 

しかも大幅下落当日ではなく、翌日に売りが巡ってくるから始末に負えない。

 

225採用銘柄が全面安商状に陥っていても、新興株や2部銘柄は下がらず「対岸の火事」だと思っていたら、なぜか翌日になると新興株や2部株に売り注文が殺到して、大幅下落。

 

しかも腹が立つことに、日経平均が切り返して大リバウンドしていても、新興株には買いが入らず売られてしまう。

 

普段、新興株や2部株しか売買していないトレーダーにしてみれば、「日経平均なんか関係ないやん」という気分なんだが。

 

しかしなぜこういうことになるかと言えば、大口投資家が225採用銘柄も新興株も、両方とも売買しているからだ。

 

彼らにとっては、大企業の株も新興企業の有望株も区別はない。

 

自分の懐具合とセンチメントで売買しているだけで、保有株がみるみる下がりだしたら、さっさと手仕舞いを始める。

 

カラ売りする余裕があれば、カラ売りでヘッジしたりもするが、心は一つしかないから、危険を感じたらさっさと逃げる準備に入る。

 

何しろ保有株数が多いので、買い板が十分にあるウチでないと、逃げるのも難しくなるからだ。


チャートの読み方と売買ポイントはこれでOK



 

これは米国の株価が下がると、日本の株も売られるという現象と同じ理由だ。

 

世界には、米国の株とヨーロッパの株と日本の株を手がけている機関投資家が居て、どこかの市場が暴落すると、他の市場の株も手仕舞ったりする。

 

米国株が下がって弱気になっているのに、日本株を強気で買うというような、二重人格的な投資家は少数派だろう。

 

それよりもさっさと株を売るかカラ売りでヘッジしたり、ポジションを減らして現金比率を上げて、次の変化に備えるというのが、プロの投資家だ。

 

個人投資家の追証売りも、大幅続落の原因

日経平均が大幅下落して、翌日も大きく下がると、次は「追証売り」(おいしょううり)が出てくる。

 

追証(おいしょう)というのは、信用取引の保証金を積み増しをすることで「追加の証拠金」という意味だ。

 

信用取引で売買する場合、保証金の3倍くらいの取引が出来るようになる。

 

たとえば30万円の保証金があれば、90万円分の株の売買が出来る。

 

このとき、株の売買で含み損が発生すると、その分だけ保証金から差し引かれていく。

 

そこで株価が急落すると保証金が足りなくなるため、証券会社から保証金の追加を求められるのだ。

 

こういう場合、選択肢は2つだ。

 

追証を求められたときの選択肢
  • 追証分の投資資金を翌日の15時までに証券口座に振り込む
  • 信用売買を決済して建玉(売買株)を減らす

要するに、お金を振り込んでしばらく我慢するか、諦めて手仕舞うかだ。

 

株価が全面安になった当日は、まだ我慢する投資家が多いのだけれど、翌日も大きく続落すると、追証を避けるために手仕舞いを迫られる。

 

その結果、日経平均に関係の無い銘柄まで、どんどん叩き売られてしまうわけだね。

 

このあたりの心情は、実際に信用取引で追証を求められた経験が無いと、分からないかも知れないが。

 

広告


このエントリーをはてなブックマークに追加


株式投資 オススメ教材

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!