株が騰がりやすい日、下がりやすい日

株式投資には、知っておかなければならないことが山ほどある。

 

特に重要なのが、株が騰がりやすい日、株が下がりやすい日の情報だ。

 

株価というのは結局のところ需給(じゅきゅう)で決まる。

 

需給とは簡単に言うと、買いたい人と売りたい人のバランスだ。

 

買いたい人が多い時は株価が上がるし、売りたい人が多い時は株価が下がる。

 

ただこれは人数の問題ではない。

 

個人の零細投資家が束になって買い上がっていても、大口の投資家がドーンと売りを出してきたら、株価は下がる。

 

株価が下がっても、また個人投資家が買い上がれば株価は上がるが、大口が売ってきたら高値は望めない。

 

株価は大口の投資家のポジション次第

 

株価の上昇や下落は、大口の投資家の動向が重要な鍵になる。

 

ある銘柄が急騰しているときは、大口が競って買っているときだ。

 

大口が競って高値追いをしている間は、株価の上昇が続く。

 

それに釣られて一般の投資家も、高値追いをし始めて、出来高や売買代金が普段の何倍にも膨らむ。


 

そしてどこかのタイミングで、株価が大幅下落して暴落が始まる。

 

上がり続ける株はないし、無限に買い続ける大口投資家も居ない。

 

大口投資家も、利益のために買い上がっていただけで、十分な利益が見込めたら、少しずつ利益確定し始める。

 

そうすると株価の上昇も少しずつ鈍くなってきて、ヨコヨコになり始める。

 

さらにそこから大きな売りが出始めると、ドーンと大陰線が出来て、さらに株価が押しさげられる。

 

株が騰がる時は大口投資家が買っているからで、その彼らが売り抜け始めたら、支えがなくなる。

 

株価を支える者は、無限の上昇を夢見る個人投資家と、お金は持ってるけどトレードが下手くそな大口だけになっちゃうので、そこでババ抜きが始まるわけだ。

 

もちろん一旦調整して、そこから再始動する銘柄も多いが、株価がどこまで騰がるかは、その銘柄の人気が上がるかどうかにかかっていたりする。

 

もっと高値でも買いたい人がおれば、株価はまた急騰するし、大口投資家も再度ドカーンと買い上がってきたりする。

 

こういう動きに翻弄されると、個人投資家は損ばかりすることになる。

 

株価がどういう風に上がったり下がったりするのか、そこのところを知って、腑に落としておかなければ、株で儲けることは難しい。

 

逆に言うと、散々そういう経験をして腑に落ちたトレーダーは、株であまり負けなくなる。

 

株が騰がるパターンと、株が下がるパターンが見えるようになる。

 

ということでこのカテゴリーでは、株が騰がるパターンと下がるパターンを中心にまとめていくことにする。

 

参考になれば幸いです。