このページの目次

意地商いは破滅のもと

押し目狙いで失敗しやすいのは、下落トレンドと押し目の判断を間違うことだ。

 

底だと思って買いに入ったら、そこでズドンと大口の売りが炸裂して、さらに右肩下がりに下がっていく。

 

こういうときは損切りしないと、含み損が膨らむ。

 

底堅いと思っていた底値が大きく破られたら、そこは底ではなかったと言うことだ。

 

底が割れてしまうと、押し目を狙う買方は、時期がまだ早いと思って買い注文を引っ込める。

 

それを見た他の買方も、当然買い注文を引っ込めるか、指し値を下に下げる。

 

あれ?300円のところにあった大きな買い注文、消えちゃったなと思ったら、280円くらいのところに移動していたりする。

 

その結果、ちょっとした売り物がでても、株価が大きく下がる。

 

こうなってしまうと、売りが売りを呼ぶ展開になって、買方も諦める。

 

今日はもうダメだと言うことで、その日はもう買いに入らない。

 

買いに入るのは、何らかの思惑がある人だけなので、トレンドフォローのトレーダーは、下落トレンドだと思うと買わないし、カラ売りしたりする。

 

カラ売りしている人が居るのなら、買い戻しの買いが入るはず、と思う人もいるだろうが、残念ながら最後には下がってしまう。

 

押し目狙い 下げ止まった?

意地商いは破滅のもと 底値の底が割れたら撤退


チャートの読み方と売買ポイントはこれでOK



 

意地商いは破滅のもと」と言われるが、押し目じゃなかったら、それはもうトレンド転換なのだ。

 

押し目というのは、上昇相場やヨコヨコの時に発生するもので、買いたい人が多い時にこそ意味がある。

 

しかも、いくら近い将来に思惑があったとしても、地合いが悪かったり、閑散期であれば、買い手が少ないので、株価は下がる。

 

他の人が自分と同じように考えていると思ったら、大間違いだし、だいたいその他人がその銘柄にずっと居座るかどうかも怪しい。

 

なにせ株式市場には、他にも思惑がある銘柄がいっぱいあるわけだし。

 

やっぱり売りが止まらず、買いが引っ込み、下値模索

意地商いは破滅のもと 底値の底が割れたら撤退

 

同じ思惑で買いに入った連中は、いったんポジションを閉じたり、株数を減らして様子を見ているだけなので、翌日や二日後あたりに戻ってくる可能性もある。

 

しかし他に魅力的な銘柄があったら、そっちへ資金を移動させているかもしれない。

 

株はどこまで行っても需給だから、いくら魅力的な銘柄に見えても、いくらこの株は割安だと思って意地商いをしてみても、株価は上がらないのだ。

広告


このエントリーをはてなブックマークに追加


株式投資 オススメ教材

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!