デイトレの目標は、500円儲けて寿司を食うこと

株式投資を始めて十数年、収支はなんとマイナス800万円

 

とうとう株をやる資金もなくなり、家賃やクレジットカードの支払いも滞るようになり、仕方なく夕方からアルバイトにでた。

 

アフィリエイトとアルバイトの収入で、なんとか月々の生活費は稼げるようになったが、やっぱり株は楽しい。

 

ということで数万円の資金を捻出し、細々とデイトレするようになった。

 

そうして株トレードを再開したのだが、相変わらずプラスになったりマイナスになったり。

 

ところがある時から突然、「500円稼げればいいや」という考えになった。

 

500円あれば、近くのスーパーで見切りの寿司が買える。

 

株が終わる午後三時頃には、朝に並べられた寿司が3割引とか5割引の見切り処分になっている。

 

その見切り寿司を買って食べるのを、目標にし始めた。

 

見切り寿司を買って食べるのがご褒美とは、落ちぶれたもんだけど、それが買えないくらいの経済状況だったのだ。

 

自分の株のゴールは、毎日500円以上儲けて、それでスーパーで見切り寿司を買って食べること

 

以前は株で儲けることが最重要で、ハイリスクな売買をしていたが、好きな株を続けることが最大の目標になった


チャートの読み方と売買ポイントはこれでOK



 

そのためには負けて資金を減らさなければOKだという気持ちになった。

 

となると朝イチの激しく株価が動く時間帯は様子見にして、売買が落ち着いてから参戦しても十分に間に合う。

 

利幅も5円以上取れれば良いので、マイナス圏をウロウロしているが、そのうちプラ転を狙えそうな銘柄にエントリーすれば良い

 

そういう利幅5円狙いの銘柄も、たまにはプラテン後に急騰して儲かることも分かってきた。

 

蠢いている銘柄は、そのうち噴き上がる

 

値上がりこそしていないが、チョコチョコ大きな買いが入っている製薬会社の株を買って寝ていたら、「お客様、約定しました」とパソコンからアナウンスが流れて、ストップ高で約定するという経験もした。

 

500円狙いだったのに、寝ている間に8,000円も取れちゃったよ…という感じだ。

 

ストップ高だったら、翌日に持ち越した方が良かったかも知れないから、売り注文出さなければ良かった思ったが、仕方が無い。

 

その銘柄は一ヶ月後に人気化して、株価も3倍くらいになってたが、縁が無かったと思って諦めた。

 

ジャンピングキャッチで失敗すると、なかなか取り返せないからね。

 

そして毎日を送っていた結果、500円なら確実に取れるなということが分かってきた。

 

しかも週に数銘柄は2,000円以上のプラスが取れるチャンスがあるなということがわかってきた。

 

5万円弱の資金運用で500円とれれば1%プラスだし、2,000円なら4%プラスになる。

 

5日連続で500円取れれば、一週間で5%の収益。

 

これってなにげに凄いんじゃないか。

広告


このエントリーをはてなブックマークに追加


株式投資 オススメ教材

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!