結果が出るまでのわずかな時間が興奮を高める

ケンブリッジ大学のシュルツらが行ったサルの実験では、結果が出るまでのわずかな時間に脳が興奮した。

 

シュルツの行った実験では、緑色が出ると報酬(シロップ)、赤色が出ると無報酬(シロップなし)、という連合学習をまずサルに覚えさせた。

 

そのあと、色と関係なくシロップを、出したり出さなかったりさせて、サルに「再学習」を行った。

 

最後に青いマークが出ると50%の確率で、甘いシロップが出てくるという仕組みで、サルの脳の快感領域の様子を調べた。

 

このとき、サルの脳のは、青いマークが出ると急激に興奮し、それが一旦収まったあと、マークが消え始めるともう一度、興奮がジワジワ上がっていった。

 

青いマークが出たところを「期待フェイズ」と呼ぶ。

 

そして青いマークが消え始めて、シロップが出るかでないか分かるところを、「結果フェイズ」と呼ぶことにする。

 

サルの脳の快感回路は、期待フェイズで興奮が瞬間的に高まり、結果フェイズに近づくにつれて、興奮がジワジワ高まったわけだ。

 

カジノのルーレットやスロットなどは、ゲームがスタートしたところから、結果が出るまで多少時間がかかる。

 

すぐに結果を出せよと思うこともあるが、期待フェイズから結果フェイズまでに、少し間を置くことによって、脳の興奮が持続して快感が長持ちするわけだな。

 


結果は同じでも、期待値によって快感は異なる。

シュルツのサルの実験を受けて、ブライターと言う人が、人間を対象にした実験を行った。

 

この実験では、結果が出るまでの期待と、結果が出たあとの脳の働きを、脳スキャンしてみた。

 

実験内容は、3種類のルーレットを作り、それぞれのルーレットを扇形に3等分して、報酬金額を書き入れた。

 

第一のルーレットは「アンラッキールーレット」で、

  • マイナス6ドル
  • マイナス1.5ドル
  • プラスマイナスゼロ
という3択。

 

第二のルーレットは、「並のルーレット」で

  • プラス2.5ドル
  • マイナス1.5ドル
  • プラスマイナスゼロ
の3択。

 

第三のルーレットは「ラッキールーレット」で、

  • プラス10ドル
  • プラス2.5ドルドル
  • プラスマイナスゼロ
の3択。

 

この3種類のルーレットをランダムに映しだし、その結果で実際に受け取る報酬が決まるというルールで、被験者の脳の働きを観察してみた。

 

実際には、3つのルーレット×3択で、9通りの出目を何セットか見せて脳の快感領域の反応を見た。

 

このとき、何が起こったかというと、期待フェイズでは、ラッキーなルーレットが出た時、脳の興奮が一番高かった。

 

また結果フェイズでは、ルーレットの選択肢のうち、一番良い結果が出たときに興奮が高まった。

 

注目すべき事は、同じ結果になっても、ルーレットによって脳の反応が異なったことだ。

 

ラッキーなルーレットでゼロが出たときは落胆し、アンラッキーなルーレットでゼロが出た時は、脳が興奮すると言うことが観察されたのだ。

 

結果自体はどちらもゼロで、1ドルも儲かっていないのだが、ラッキーなルーレットでは落胆し、アンラッキーなルーレットではハッピーになった。

 

つまり「期待値」と「結果」のギャップで、快感が大きさが決まると言うことらしい。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加

★相場師朗の超短期トレードの極意

仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225