投資余力を残せない

デイトレ依存症とは、株式投資のデイトレにハマって、負けがどんどん増えているのに、止められないという依存症だ。

 

依存症の症状としては、

  • 耐性:使用量や時間がどんどん増える
  • 離脱症状(禁断症状):止めたり減らしたりするといろんな症状が出る
  • 渇望:やりたくてやりたくてたまらない
  • 再発:しばらく遠ざかっていても、またやり始める
というのがあるが、デイトレ依存症も、パソコンの前から離れられなくなる。

 

そしてデイトレ依存症になると、投資余力を余しておくなんて、もったいないという気分になる。

 

厳密に言うと、デイトレというのは、原則として短時間で手仕舞うやり方で、利益が出たらさっさと利確して手を引く。

 

利益がまだまだ伸びそうならば、そのまま何日も持ち越すこともあるが、さっさと手仕舞いして、ポジションを減らす。

 

というのもデイトレは、かなり神経をすり減らす。

 

値上がり率ランキングと、分足チャートをずっと見ながら売買するので、クタクタになってしまいやすいのだ。

 

そのため、利益が出たらさっさと利確して、あとはもう売買を止めて休む。

 

しかしデイトレ依存症になってしまうと、パソコンの前から離れられなくなる。

 

見込みがあろうがなかろうが、際限なく売買してしまう。

 

デイトレすること自体が快感なので、パソコンの前から離れられないのだ。

 


余力が無いと、損切りが増える

デイトレ依存症になると、投資余力を残しておけなくなる

 

デイトレというのはそもそも、投資余力を最大限残して、次の日を迎えるのが基本だ。

 

チャンスがありそうな銘柄を、すかさず買いつけて、ピークが過ぎて下がり始めたら、さっさと利確して手仕舞う。

 

そしてめぼしい銘柄がなくなったら、そこでもう撤退して終了。

 

なのでデイトレーダーの中には、前場だけ株をやって、後場はもう、トレードから離れてしまう人もいる。

 

急騰銘柄は、10時とか10時半には、すでにピークを過ぎていることが多いので、11時にはもうポジションを閉じて、相場から離れてしまえるわけだ。

 

ところがデイトレ依存症になると、株の売買をすること自体が快感だから、目一杯、株を売買していないと気が済まない。

 

しかもチャンスがありそうな銘柄があると、すぐにそれに飛びつきたくなる。

 

となると何が起こるかというと、ムダな損切りや薄利での利確が増える

 

一時的に含み損になっているが、まだまだ値が戻る銘柄や、さらに株価が上がりそうな銘柄も、さっさと切って、怪しい銘柄に飛びつく。

 

保有銘柄は、まだまだ期待出来ると判断して持っているわけだ。

 

しかし、別の有望株が見つかると、どうしてもそれが欲しくなって、乗り換えようとしてしまうわけだ。

 

この乗り換えがうまく行けばよいが、値上がり率ランキングを見て、興奮している脳では、正常な判断ができているとは言いがたい。

 

その結果、ムダな損切りばかり増えて、投資余力がまた減るという繰り返しになるわけだ。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加

★相場師朗の超短期トレードの極意

仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225