惜しい負けを経験すると、止められない

デイトレ依存症になる理由。

 

次は「ニアミス効果」だ。

 

ニアミスというのは、簡単に言うと「惜しい負け」とか「悔しい失敗」のことだ。

 

負けにも色々あって、大負けもあれば、プラスマイナスほとんどゼロの「ほんのちょっと負け」というのもある。

 

プラスマイナスゼロの場合は、同値撤退みたいなモノだから、手数料分だけ損という感じになる。

 

たとえば高値になっているが、挙動が怪しい銘柄を、含み損が小さいウチに損切ったり、株数を減らしたりするのは、リスク回避策として妥当だろう。

 

買い増しするなら、騰がり始めてからでも十分間に合うし、急落したら損になるわけだから。

 

ところがデイトレでは、リスク回避をした後に、急に大きな買いが入って、株価がみるみる急騰することもよくある。

 

「売ったら株価急騰」のパターンだ。

 

こういうとき、トレーダーの心理は、「うわー失敗したー」と激しく動揺する。

 

実際には大した損切りもしていないのに、まるで大損したかのように感じるのだ。

 

損失はほとんどゼロなのに、儲け損なったことを悔いるのだ。

 

こういう心理は、株・デイトレに限らず、ギャンブル全般で起こることらしい。

 

ニアミス効果というのは、こういう惜しい経験をすると、大損していても、ギャンブルを続行する糧になるということだ。

 


損することより儲け損なう方が怖い

デイトレをしていると、後の成長株を掴むことがある。

 

5割増しくらいは当たり前で、2倍・3倍、時には5倍を超える。

 

そういう銘柄の株価の動きは、なかなか読みにくい。

 

たとえばストップ高になった翌日、ギャップダウンして横ばいが続くと、騰がると思ったのは間違いかと思い始め、さっさと利益確定したくなる。

 

そこで利確して手放すと、そのあとから急に買いが増え始めて、「ああやっぱり上か」ってことになる。

 

そして、うっかり手放したことを後悔し、そして慌てて買い戻したりする。

 

もちろん、ずっと横ばいだった株価が、騰がるかどうかは状況次第だ。

 

しかし2時半過ぎとか、大引け前15分くらいから、急に株価が動いたりするもんだから、儲け損なうと本当に悔しい。

 

突然買いが入って、あっと言う間にストップ高になったりすると、悔やんでも悔やみきれなかったりする。

 

たいていは急騰するより、急落することの方が多いので、手仕舞うというのは悪い判断じゃない。

 

でもこれが「悔しい失敗」として記憶に残り、別の銘柄で似たようなことが起こると、逆に握りしめて暴落で損したりする。

 

こういう惜しい負けや悔しい経験をすると、ゲームを続行する意欲につながる…というのが「ニアミス効果」というものだ。

 

スロットマシンなどの設定でも、こういうニアミス(惜しいアタリ)の出目を、30%くらい出るように設定すると、ゲームの継続率が高くなるんだという。

 

つまり損することより、「アタリを逃がしたのではないか?」という思い込みの方が大きくて、「今止めるのは損だ」と思うって事かな?そういうわけで、儲け損なうと、さらにデイトレを続けようとして、デイトレ依存症になっていくわけだな。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加

★相場師朗の超短期トレードの極意

仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225