★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ即金投資【株ドカン】

★第2位★新!うねり取り!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件!株式投資錬金術

カラ売り出来る銘柄・証券会社を使う

デイトレ依存を克服するために、カラ売りを練習して身につける

 

デイトレで困るのは、騰がると思って買った銘柄が、ピークを過ぎて下がりだしたときに、判断が遅れて捕まってしまうことだ。

 

株価が高値引けになるなら、そのまま持ち越しても良いわけだが、予想に反して株価が下がり始めたら、損切りする決断をしないといけない。

 

そこで決断が遅れてしまうと、翌日の反発期待で持ち越し、翌日はさらに下がって、倍以上の損切りになったりする。

 

デイトレで狙う銘柄というのは、値動きが激しいので、ちょっとした判断の遅れで、大きな損になったりする。

 

そして損切りを先延ばしにすると、さらに損が膨らんでしまって、大きく投資資金を減らしてしまいかねない。

 

そこで、意に反して株価が下がり始めたら、買いから売りに「ドテン売り」して、損失を小さくする必要があるわけだ。

 

ただしカラ売りしたくとも、カラ売り出来ない銘柄もある。

 

カラ売りというのは、株を借りて来て売るので、借りられない株はカラ売り出来ない。

 

この株を貸してくれるのが、日証金(日本証券金融)という会社で、日証金で貸株を受け付ける銘柄を「貸借銘柄(たいしゃく・めいがら)」という。

 

貸借銘柄は、カラ売りが出来るので、できれば貸借銘柄を中心に、売買するように心がけたいところだ。

 

しかしカラ売りができない「信用銘柄」でも、使っている証券会社によっては、条件付でカラ売りすることもできる。

 

たとえば信用取引で大きくなった松井証券や、SBI証券や楽天証券などのネット証券なら、日証金の貸株がない銘柄であっても、「一日カラ売り」とか「プレミアム空売り」ができる。

 

ただしカラ売り出来るのは、その日だけで、大引けまでに買い埋めしないといけないが。

 



カラ売りは、そんなに儲かるものでは無い。

株価が下落トレンドになったとき、資産を守ってくれるのがカラ売りだ。

 

騰がったら買い、下がったら売るという「トレンドフォロー」(順張り)で売買するトレーダーであれば、下落で利益が取れるカラ売りは、是非とも利用したい売買方法だ。

 

ただしカラ売りには色々、覚えておくべき事がある。

 

まず、カラ売り出来る銘柄と、カラ売り出来ない銘柄がある。

 

カラ売りが出来る銘柄は「貸借銘柄」と言い、銘柄のところに「貸借」という表示がある。

 

また貸株のない「信用銘柄」でも、信用取引のパイオニアである松井証券や、SBI証券、楽天証券などでは、信用銘柄でもカラ売り出来るサービスがある。

 

これは「一日カラ売り」とか「特別カラ売り」、「プレミアム空売り」などという名前の、一日限りのカラ売りサービスだ。

 

このサービスでは、売り建てした日が返済日で、大引けまでに売り玉を買い埋めしないといけない。

 

そのため、あまり大きな利ざやは望めないが、カラ売りを習慣づけるには役に立つだろう。

 

ただしカラ売りというのは元々、そんなに儲かるものでもない。

 

買った銘柄の株価が2倍3倍になれば、投資金額の何倍も儲かったりする。

 

たとえば200円で買った株が、600円になれば400円の利益になるから、投資金額の2倍も儲かったりする。

 

しかしカラ売りした銘柄の株価が半分になっても、投資金額の半分しか儲からない。

 

600円で売った株が300円になっても、利幅は300円しかない。

 

カラ売りで最大に儲かるのは、企業が倒産したときだが、それでも売り玉の99%だ。

 

なのでカラ売りは2〜3割も利益が取れたら、さっさと撤退した方が良いという。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄を見つけろ!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ウイークリートレード決定版!「5日株トレード法」全セット

★第6位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225miniで稼ぐ秘訣!株価暴落時のヘッジもZONE〜NEW WORLD〜

このエントリーをはてなブックマークに追加