ニアミス効果 儲け損なうほどデイトレにハマる

デイトレ依存症になる理由に、「ニアミス効果」と「直接介入効果」がある。

 

ニアミス効果とは、簡単に言うと、「惜しいハズレ」とか「悔しい失敗」をすると、ゲームを続行したくなる心理のことだ。

 

全く箸にも棒にもかからないことは、嫌になってすぐ止めてしまうことが多い。

 

たとえば勉強嫌いの子供は、勉強し始めてもすぐに止めてしまう。

 

なぜかというと、言葉を知らないし、熟語の読みもできないから、勉強しようと思っても文章が理解出来ない。

 

そのためすぐに勉強をギブアップして、勉強しないで良い理由を、色々と考えて、自分を正当化し始める。

 

しないで良い理由を考え出すと、当然ながらやらないわけだから、依存症になんかならないよね。

 

一方、勉強ができる子供は、テストがあっても8割方は正答する。

 

しかし勉強ができる子供はそこで、「良くできた」なんて思わずに、「もうちょっと頑張れば100点取れた」と思う。

 

「やった、80点も取れた」ではなくて、「しまった、20点も落とした」と感じるのだ。

 

そのため、8割の正答率でも十分なのに、さらに復習したり練習したりする。

 

つまりあとちょっとでゴールに手が届く、そう感じれば、もう一度、挑戦しようと思うわけだ。

 

ゲーム依存症なんかは、こういうパターンで依存症になっていく。

 

そして、デイトレでも、こういうニアミス効果がある。

 

あの株を買っておれば、大儲け出来たのに」、「こんなに騰がると思わず安売りしてしまった」、などと言った失敗やニアミスだ。

 

儲けるチャンスがあったのに、それをうっかり見逃したっていう事だね。

 

こういうことがあると、ニアミス効果でデイトレ依存になりやすいと言うことらしい。

 


大損切りしていないのに、大損しているカラクリ

目をつけていた株・銘柄が、思ったよりも早く騰がり始めると、「あ、しまった、買っとくべきだった」と思う。

 

そこですぐに買いに入れば、わずかでも利益が取れることも多い

 

急騰が止まっても、初動であれば、小さな損切りで済むことも多い。

 

ところが買うかどうか躊躇しているうちに、株価がさらに跳ね上がっていくと、これはさすがに買いに入れないなと思う。

 

ところが翌日もまた大幅上昇だったりすると、これは「買うしかない」と思って買ったりする。

 

ところが急騰3日目は調整になることが多く、買いつけたあとに上昇が止まり、株価が反転急落してマイ転。

 

急騰した株は、余程の好材料でも無い限り、急落するのが急騰株・急騰銘柄の運命で、株価は真っ逆さまに落ちていくから、たまらない。

 

なのでそこでようやくあきらめて、泣く泣く特大の損切りする羽目になったりする。

 

このタイミングで値上がり率ランキングを見ると、急騰している別の銘柄が、お宝銘柄に見えてくるから不思議だ。

 

そこで「今の大損の分は、こっちで埋め合わせよう」などと思って買いに入って、不運にもまた高値づかみ。

 

儲け損なうと、ニアミス効果で、すぐにまた買いに入りたくなるんだな。

 

しかしこうして連続で高値づかみしてしまうと、早めの小さな損切りでも、あっと言う間に投資資金が減っていく。

 

5万円ほどの損切りでも、10回やれば50万円の損だから、とんでもない大損切りもしていないのに、気づいたら50万、100万、200万と、損益額が積み上がってしまう。

 

なので大損に用心しているだけでは、株で損してしまうわけだ。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加

★相場師朗の超短期トレードの極意

仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225