★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ即金投資【株ドカン】

★第2位★新!うねり取り!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件!株式投資錬金術

うねり取りと両建て法

カラ売りすることで、株価に対する見方は、180度変わる。

 

つまり株価が上がろうが下がろうが、儲ける方法はあるって事だ。

 

カラ売りを覚えるまでは、株価は上がらないと儲からないモノだった。

 

しかしカラ売りできるようになると、下落相場でも利益が出せるようになる。

 

さらにリスクが少ない方法として、カラ売りと信用買いを同時に建てて、リスク管理をしながら、売買を続けるという方法もある。

 

これを「(カラ売りと買いの)両建て」というただし、カラ売りと買いを同数建てると、プラスマイナスゼロになって儲からないので、下落相場ではカラ売りの株数を増やし、上昇相場では信用買いの株数を多くする。

 

ハッキリした下落相場であれば、売り買いを相殺して、カラ売り玉だけ残す。

 

さらに下落トレンド入りが確認できたら、さらにカラ売りの株数を増やしていく。

 

そして株価が底を打って、反発し始めたと思ったら、買い玉を建てて上昇に備える。

 

こういうやり方を「うねり取り」とか「両建て法」という。

 

うねり取りというのは、半年から一年以上の長期の、株価の大きな変動で利益を上げる方法で、大口の株式投資でよく使われる方法だ。

 

一方、両建て法というのは、FXトレーダーが使う売りと買いの両方を建てるという方法だ。

 



順張りと逆張りの両方を

株は、上がったら買い、下がったら売る。

 

これを「順張り」という。

 

順張りは、トレンドに付いていくので、トレンドフォロー法とも呼ばれる。

 

一方、株価が下がったら買い、株価が上がったら売るというのが、「逆張り」という株式投資法だ。

 

うねり取りや両建て法というのは、この順張りと逆張りの両方を兼ねた投資法だ。

 

株価が下落し始めたら、カラ売りを増やすわけだから、これは順張りの発想だ。

 

一方、株価が下げ止まって、騰がり始めたと思ったら、買い玉を打診で建てる。

 

これは下落トレンド中に買うので、逆張りの発想による買いだ。

 

「反転かな」と思って買うので、あくまでも売りより少ない株数だけ、買い玉を建てて様子を見る。

 

そこで本格的に上昇が始まったら、売り玉を利益確定して、買い玉を増やす。

 

こうやって、順張りと逆張りを同時に行うのが、うねり取りとか両建て法という株式投資法だ。

 

投資を始めたばかりのころは、こんな面倒なことなどせず、騰がり始めたら全力で買い、下がり始めたら全力で売りで良いだろうと思ったりしていた。

 

が、全力買いというのは、ばくち打ちやギャンブル依存症のやり方で、何があるか分からない株式市場で、確実に利益を上げないと行けないプロは、こういうやり方で利益を取るわけだな。

 

もちろん、こうやって売りと買いの両建てをしても、どこで利益確定するかによって、儲けは天と地くらいに変わるんだけど。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄を見つけろ!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ウイークリートレード決定版!「5日株トレード法」全セット

★第6位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225miniで稼ぐ秘訣!株価暴落時のヘッジもZONE〜NEW WORLD〜

このエントリーをはてなブックマークに追加