青パパイヤがオキシトシンを増やす?

デイトレ依存症を克服するための抗ストレス食品探し。

 

次は「青パパイヤ」だ。

 

青パパイヤは、オキシトシンを増やす食品だと言われている。

 

青パパイヤを食べると、乳の出がよくなるそうで、沖縄などでは、妊婦さんや乳幼児を持つお母さんがせっせと食べているらしい。

 

青パパイヤを使ったお茶などを飲むと、血中オキシトシン濃度が高くなるらしい。

 

このオキシトシンは、信頼ホルモンとか抱擁ホルモンなどと呼ばれ、他人に対する警戒心を弱め、人間関係ストレスを解消する。

 

しかし、なぜ青パパイヤが、オキシトシンを増やすのか?そのメカニズムはよく分かっていないが、琉球大学などで研究中だそうだ。

 

ただ、パパイヤというのは、奇跡の木の実と呼ばれ、生命力にあふれた作物らしい。

 

南米の紫外線の強い地域でも、それをモノともせずに育つ。

 

紫外線は活性酸素を生み出す強い光エネルギーだから、生半可な生命力では繁殖出来ない。

 

しかしパパイヤは強い抗酸化力を持ち、熱帯の強い日差しにも打ち勝ち、繁殖力も旺盛なのだ。

 

そのため、南米から持ち帰られたパパイヤは、あっと言う間にヨーロッパに広まり、そしてアジア全域に広まった。

 

日本では、熟した実をフルーツとして食べるが、熟す前の青いパパイヤを野菜として食べるという。

 



広告

このエントリーをはてなブックマークに追加