株で損するのは、依存症のせいだった!負けを減らして株で稼ぐ方法

株で損するのは、依存症のせいだった!負けを減らして株で稼ぐ方法

株で儲からないのは、依存症のせいだった

株で大損するのはなぜだろう。

 

株で損ばかり増えるのはなぜだろう。

 

それなりに大きな利益も上げているのに、なぜかその何倍も損してしまう

 

これは一体どういうことなのか?

 

株式投資を始めた頃は、おっかなびっくりで株を買ったり売ったりしていた。

 

扱う銘柄も、よく知られた大企業ばかりで、大きく動いても、一日5%くらいしか変動しないような銘柄ばかり。

 

こういう値動きのゆっくりした銘柄を買っていた頃は、実はそんなに大きな損はしなかった。

 

100万円くらいの投資資金で、半年で20万円くらいの損くらいで済んだ。

 

ところがデイトレを始めて、値動きが激しい銘柄ばかりを追いかけ始めると、損が損を呼ぶ展開になって、毎年百万円単位の損、、、

 

株につぎ込む金が次から次へと、株式市場に吸い込まれる一方。

 

これって一体どういうことなんだろう?

 

その一つの原因は、株のトレード技術が稚拙だったことだ。

 

株価の動きがよく分からず、買うべき時に買えず、売るべき時に売れない。

 

ヒドいときには、売るべき時に買い、買うべき時に売ってしまう有様。

 

これでは株で儲かるはずも無いね。

 

もう一つは、株トレード依存症だ。

 

株式投資をやってないと、落ち着かなくなってしまい、ムダに損を積み重ねてしまうのだ。

 

投資余力を全部使わないと落ち着かず、ついつい余分な売買をしてしまう。

 

その余分な売買がキッカケで、大きな損につながったりする。

 

せっかく20〜30万円の利益を確定したというのに、すぐにそれを全部吐き出すようなことが、頻繁に起こってしまう。

 

これが株依存症であり、デイトレ依存症の怖いところだ。


株で損する原因の「依存症」とは何か

株式投資で損する原因の一つは、依存症だった。

 

株依存症・デイトレ依存症になって、株の売買をしていないと落ち着かない。

 

その結果、ダメ株をばかり掴んで損切りする回数が増え、せっかく儲けた利益を台無しにして、さらに損を拡大してしまうのだ。

 

ではこの依存症とは、一体どういう物なのか。

 

依存症を簡単に言うと、特定のことにハマってしまって、それをやっていないと落ち着かなくなってしまう状態だ。

 

たとえば毎日、アルコールを飲まないとやってられないのがアルコール依存症

 

パチンコをやっていないと、イライラするのがパチンコ依存症

 

恋愛していないと落ち着かないのが、恋愛依存症だ。

 

依存症になる対象というのは、基本的に趣味・嗜好(食べ物の好み)あるいは習慣やクセといったものなのだが、これが度を超してしまう。

 

そして利益よりもマイナスの方が大きくなると、「依存症」として病気扱いになる。

 

では、趣味や習慣と、依存症という病気の何が違うのか。

 

この当たりの境界線は難しいのだが、「やめようと思っても、やめられない」のが依存症という状態らしい。

 

依存症とは「一日も離れることができない」状態で、ないと禁断症状が出るような状態って事らしい。

 

そして依存症には、大きく分けて、3つのタイプがある。

 

それが次の三つだ。

 

依存症の3つのタイプ
  • 物質依存…アルコールやタバコ、薬やカフェイン、砂糖や甘いもの、炭水化物
  • 行為依存…パチンコ、ギャンブル、ケータイ、ネット、ゲーム、買い物、食事、占い、ペットなど
  • 関係依存…恋愛、家庭内暴力、児童虐待

このエントリーをはてなブックマークに追加