ストレス誘導性過食

ストレス誘導性過食とは、ストレスによって起こる過食だ。

 

普段あまり食べない人が、大食したり過食する原因は、たいていストレスだ。

 

疲れていればいるほど、なぜか腹が減って、たくさん食べる。

 

疲れ切っているのに、何か食べたくなると言うのは、考えてみたら矛盾したような話だが、実際そうなんだからどうしようもない。

 

そしてストレスで疲れているとき、実際、脳の快感回路の反応は鈍く、ドーパミンの分泌量も少ない。

 

そのため、食べても満足出来ず、満足を求めて食べ進むため、食べすぎてしまうと言うことが起こる。

 

しかもストレスレベルが高いときは、糖分や高脂肪食が多い高カロリー食を好むようになる。

 

そのため、普段からストレスが多い人は、高カロリー食で太って腹回りが大きくなる。

 

ストレスが多いかどうかは、血中のコルチゾールなどのストレスホルモンの濃度で分かる。

 

そのため、サルなどの実験動物を調べると、、ストレスホルモンのレベルが高い個体は、食欲が増進して太りやすいことが確認出来る。

 

ただし、極度なストレスの場合は、逆に食欲が減退して食が細る。

 


コルチコステロン 過食を引き起こす副腎ホルモン

ストレス誘導性過食とは、ストレスによって引き起こされる過食だ。

 

ネズミなどを使った実験では、狭いケージで慢性的に拘束したり、無理矢理水の中を泳がせたり、強い仲間を同じケージに入れてストレスを与えてみる。

 

そうすると食欲が増し、糖質や脂質の多い高カロリー食を好み、腹部に脂肪が付くようになる。

 

生化学的に言うと、ストレスによって、視床下部からCRHというホルモンが出て、それが下垂体に届くと、コルチコトロピンというホルモンが放出される。

 

コルチコトロピンが副腎に到達すると、副腎からはコルチコステロンというホルモンが分泌されるが、これが過食を引き起こすホルモンだ。

 

タバコや酒、その他の薬物では、脳のVTAのグルタミン酸作動性・興奮性シナプスの長期増強現象が起こって、タバコや酒、薬物に対する反応が早くなる。

 

こういう薬物と同じように、ストレスでも長期増強が起こる

 

たとえばマウスを5分間だけ強制的に水の中で泳がせると、VTAの興奮性シナプスで長期増強が起こり過食が続く。

 

興奮性シナプス(グルタミン酸)に拮抗するのは、抑制性シナプス(GABA)なのだけれど、瞑想や運動などによって抑制力を増やさねば、長期増強がずっと続くって事らしいな。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加

★相場師朗の超短期トレードの極意

仮想通貨ならQUOINEX
ビットコイン
GMOコインで仮想通貨
GMOコイン
GMO証券で日経225先物
クリック証券日経225